クリーンムーヴ4つの特徴 4

 

  1. 強力な除菌力

  2. クリーンムーヴ成分の一つ過炭酸ナトリウムは、水に溶けると炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素(オキシドール)に分解され、このオキシドールには殺菌・消毒・漂白の作用があります。ですからクリーンムーヴを用いると、洗浄と同時に強力な除菌効果も得られます。



    おもに一般細菌として、病原性大腸菌O-157、黄色ブドウ球菌、サルモネラやレジオネラ菌に対し除菌効果があります。また、多くの悪臭の原因は細菌類の繁殖にあるので、クリーンムーヴを使うことにより脱臭効果も得られます。



     

    殺菌効果試験

    4種類の細菌に対するクリーンムーヴの殺菌効果テストを実施しております。
    下表の結果により、大腸菌O-157はクリーンムーヴに接触20分後にはすべて死滅、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌は接触5分後にはすべて死滅していることが分かります。

     
     
    表の単位:個、試験液1mlあたりの生菌数。クリーンムーヴ濃度1%、保存温度は室温にて測定
    大腸菌O-157 サルモネラ 黄色ブドウ球菌 レジオネラ菌
    初発菌数 780,000 460,000 370,000 2,300,000
    5分後 3,300 0 0 0
    20分後 0 0 0 0
    • 大腸菌O-157、サルモネラ:2004年9月22日、財団法人日本食品分析センターによる測定(第204070878号)
    • 黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌:2006年10月12日、財団法人日本食品分析センターによる測定(第206090907号)
     
     

前へ 1 2 3 4


 




 

クリーンムーヴ・コンテンツ

 
 
 


コメントは停止中です。